入園のご案内

幼稚園入園を考え始めたら・・・

園見学
個別見学を随時受付けておりますので、お問い合わせください。
体験入園
ご希望の方はご参加いただけます。
期日が近くなりましたら、ホームページ等でご案内いたします。
さくらんぼクラブ(未就園児クラブ)園庭・文庫開放も実施しておりますので、ご参加いただき、園の雰囲気を体験してみてください。

入園までの流れ

入園説明会
令和3年 10月18日(月)(詳細はこちら
↓
願書受付/入園手続き
面接/制服注文
令和3年 11月1日(月) 9:00~
↓
一日入園
 未 定 
↓
入園式
令和4年 4月

募集要項

募集対象
5歳児 (1年保育)

平成28年4月2日~平成29年4月1日生

4歳児 (2年保育) 平成29年4月2日~平成30年4月1日生
3歳児 (3年保育)

平成30年4月2日~平成31年4月1日生

2歳児 (4年保育) 平成31年4月2日~令和2年4月1日生
※現在、2歳児クラスは1クラス(たんぽぽ組)を開設しています。
入園説明会
日 時 令和3年10月18日(月) 10:30~
場 所 すみれ幼稚園リズム室
※ 説明会当日ご都合のつかない方は、いつでも幼稚園にお越しください。
 園長・主任が説明いたします。
願書受付
日 時 令和3年11月1日(月) 9:00~
場 所 すみれ幼稚園 リズム室
入園願書に必要事項を記入し、入園手数料2,000円を添えてお出しください。
入園面接・入園手続き
日 時 令和3年11月1日(月) 願書受付後、入園手続きをいたします。
場 所 すみれ幼稚園 リズム室
入園料50,000円をお支払いいただきます。(3・4年保育は免除)
※ 入園料は特別な事情(転勤・転居)で入園できない場合はお返しいたします。
※ 詳しくは、願書受付の際に「ご案内」を差し上げます。
諸経費等
参考 : 令和3年度の経費
入園時納金 入園手数料 2,000円
入園料 50,000円
※ 3・4年保育は免除されます。
その他 保育用品 約8,000円 (入園後4月 受渡)
制服など 約20,000円 (3月上旬納品・受渡)
毎月の納入金等 保育料 25,700円
(「幼児教育・保育の無償化」制度により満3歳児~5歳児は免除)
教材費  1,300円
給食代(おやつ代含む)  5,000円(副食費減免1,900円)
後援会費 700円(長子減免350円)
絵本代 370~440円 (年齢によって異なります。)
※ 兄弟姉妹が同時在園の場合、長子については後援会費の
 2分の1を減額いたします。
※ 毎月の納入金以外は、一切徴収していません。
通園バス
子どもたちの安全のために、スクールバスを4台運行しています。
希望される方は利用できます。
個人面談時(3月下旬)に利用のご希望をお聞きして運行計画を立て、入園式の日に時刻・バス停など、ご説明いたします。
※ バス料金は無料です。
お預かり
保護者のご希望によって、朝(7:15~8:30)・保育終了後から午後7時まで園児のお預かりをしています。長期休業中の預かりも実施しています。
お預かりについて
バスキャッチシステム
幼稚園からの連絡事項を一斉に保護者にメール配信したり保護者の携帯電話から幼稚園へ欠席・遅刻・バス不要連絡ができたり、希望される方には保護者の携帯電話へ「後5分でバスが到着します。」などの幼稚園バスの到着案内メール配信があります。

よくある質問

おむつを毎日着用していますが入園までにトイレに行けるようになっていないとだめですか??
入園時、おむつ着用のお子さんは年少少・年少組のお子さんにはたくさんいらっしゃいます。集団生活の中でトイレトレーニングを実施していきますので、少しずつトイレに行く習慣が身についていきます。おむつ着用でも入園可能です。
バスはおうちの前まできますか?
お住いの地域によって異なりますが、ほとんどの園児が自宅前までお迎えにうかがっています。集合住宅にお住いの方々には、『○○棟前』などバス停を決めさせていただき、そこまででてきていただいています。
保護者の参加する行事は月に何回くらいですか?
保護者の方に参加していただく行事のない月もありますが、七夕・十五夜などの行事は自由参観になっていてご希望の方のみ参観されに来られます。
きょうだいで在園した時に減免がありますか?
長子のお子さんの後援会費700円が半額の350円になります。
給食の際、アレルギーの個別対応はどのようになっているか?
食材にアレルギーのあるお子さんの保護者の方から食品をお聞きし、委託業者に園から連絡し、お子さんが安心して食事ができるようにアレルギーの個別の食事を提供しております。
大学や短大の先生との園児の交流の場はありますか?
発表会の合奏の指導や園児の教育相談などで来園されます。園児のかかわる機会もございますが、ご希望があれば、保護者の方のご相談もお受けすることができます。