園の特色 | 鹿児島女子短期大学附属 なでしこ幼稚園

 

 

園の特色

教育方針

基本方針

園児が、期待に胸をふくらませて登園し、喜びと満足にあふれた顔で降園するような、充実した幼稚園教育を進める。

教育の目標

一人一人の幼児の個性を伸ばし、豊かな心情を培うとともに、主体性・創造性・自立性を高めて、心身ともに健全な子どもを育てる。

短大の附属園であることのメリット

なでしこ幼稚園は、国の指定する教員養成機関である鹿児島女子短期大学の附属園として、幼児教育の基本に忠実な保育を行い、新しい保育者を育てる使命があります。毎年、鹿児島女子短期大学の教育実習生の指導を行っています。

鹿児島女子短期大学附属園としてのメリットもたくさんあります。

  • 短期大学が企画するイベントへ参加することができる。
  • 実習生と触れ合い、様々な経験ができ、人とかかわる力を育むことができる。
  • 短大生が幼稚園の運動会の手伝いに来る。
  • 短大の教授・講師を招いて講演会や保育を行うことができる。
  • 短大の専門の先生による教育相談を受けることができる。
IMG_6407IMG_6730 

目指す幼児の姿

  • げんきであかるい子
  • よくかんがえくふうする子
  • なかよくあそぶ子

なでしこ幼稚園 5つの挑戦

上記の「目指す幼児の姿」を日々の保育の中で育成することができるよう次のような5つのことに挑戦しています。

  • あいさつ上手イメージ
    ①あいさつ上手
    「足を揃えて、おへそを曲げて」
    あいさつをし、人間関係を深めます
  • 手洗上手イメージ
    ②手洗上手
    順序よく手を洗いやうがいをし、感染病やインフルエンザを吹き飛ばします。
    「休みの日も自分から進んで手洗いやうがいをし、とても感心です」と、お母さんから褒められています。
  • 遊び上手イメージ
    ③遊び上手
    森や池、園庭で、いろいろな遊びに挑戦し、元気な体にします。友達もいっぱい作ります。
  • お片付け上手イメージ
    ④お片付け上手
    遊んだ後は道具をちゃんと片付けます。お兄ちゃんたちやお姉ちゃんたちもお片付けの手伝いをしてくれます。
  • 絵本大好きイメージ
    ⑤絵本大好き
    毎週火曜日は、絵本の貸し出し日です。いつも3冊借りて、家でゆっくり読みます。
    毎回絵本を借りたお友達は、終業式の日に園長先生がみんなの前で、名前を呼んで褒めてくださいます。

特色ある保育

なでしこ幼稚園では、一人一人の子どもを大切にするために次のような点に力を入れ、全職員が心を一つにして保育にあたっています

  • 子どもが自分からいろいろなことに喜んで取り組み、「・・・したい」という意欲を盛り上げ、主体的に活動できるよう、一人一人の個性や特性に応じた指導に努めています。
  • 友達とよりよくかかわり、お互いに学び合いながら、友達と喜びを分かち合えるような活動を重視しています。
  • 環境を整備して、身近な自然に関心を高め、豊かな感性を養えるように努めるとともに、遊びを中心とする生活の中で、表現する喜びを味わい、子ども一人一人が伸び伸びと生活していけるように、細やかな援助に努めています。
  • 健康・安全で集団の中の一員としての基本的な生活習慣や態度を育て、健全な心身の基礎を培うことに努めています。
  • 家庭と幼稚園が一体となって幼児教育を進めるために、保護者の悩みを聞いたり、解決策について相談し合ったりするなど、保護者との連携をいっそう図るように努めています。

幼児期に必要なさまざまな体験活動を組み入れています

  • 将来にわたる「生きる力」の基盤をつくるため、幼児期のうちに、自然や社会などにかかわる直接体験を数多く計画しています。
  • 各学年ごとに志學館学園のスクールバスなどを利用して市内各地を訪問し、園内だけではできない経験を通して、自然や社会に対する興味・関心をもたせ、生活の幅を広げていきます。
自然体験
  • 園内での稲づくり
  • マリンポート
  • 平川動物公園
  • 慈眼寺公園
  • かごしま水族館
  • 磯海水浴場
  • 芋掘り
     
  • 近くの公園での四季探し
  • 健康の森公園
  • 吉野公園
  • ふれあいスポーツランド
  • 桜島恐竜公園
  • 石橋記念公園
  • 都市農業センター など
社会体験
  • 消防署
  • 環境未来館
  • JR乗車
  • メルヘン舘
  • 北部清掃工場
  • 製菓工場
  • テレビ局
  • 市立科学館
  • 県民交流センター
  • 山形屋ショッピングプラザ
  • ふるさと考古歴史館 など
 IMG_0641IMG_3991
  • 各学年とも、年間6~8回程度実施しています。
  • 3学期に保護者と一緒に遠足に出かけます。
  • バス代は無料です。

外国人講師による「英語であそぼう」に楽しく取り組んでいます

  • 遊びながら楽しく英語を学びます。英語を話すだけでなく、外国人に慣れ親しみ外国語に対する感覚や表現する力を養います。歌あそびやゲームを楽しむ中で、子どもたちは自然に英語を身に付けていきます。
  • 年長組と年中組を対象に保育時間内に行います。
外国人講師による英会話レッスン

なでしこ文庫の活動で子どもたちの情操を育てています

  • 幼児期に子どもの心を豊かにする絵本と出会わせることによって、みずみずしい感性を育てます。(蔵書は約3,200冊以上あり、今年もかなりの本を購入します。)
  • 月1回以上は「クラス文庫の日」を設けたり、毎日の保育の中でも読み聞かせをしたりするなどの、読書活動に力を入れています。
  • 毎週火曜日は「文庫の日」と名づけて、保護者や子どもに貸し出しをしたり、読み聞かせをしたりして、読書活動の充実に努めています。
  • 図書の充実に努めるとともに、温かい雰囲気の文庫室作りに努めています。
なでしこ文庫