イベント情報

水に慣れるようには、どうしたらいいの?

2008年07月28日

 「小学校に入ったら、プールの授業もあるけど大丈夫かしら・・・」とご心配されている方もいらっしゃるようです。
 かもめ幼稚園では、まず、最初、プールに入った時、水をかけ合ったり、皆で肩まで入ったりして、水の冷たさ・感触などを感じられるようにしています。その後、ワニやカエル・忍者になってプールの中を歩いたりするクラスもあります。何かに変身することによって、水の怖さを忘れられます。
 他には、ビーチボール、フラフープ、碁石などを使って遊びます。スポンジを魚型に切ったり、フイルムケースで金魚をつくったりする先生もいます。

 また、お風呂に親子で顔をつける、水に顔が付けられたら、水の中で目を開けてみるなどやってみると、水の中って気持ちいい、と感じてお子さんの水に対する抵抗が少なくなります。
 大事なことは、「水って気持ちいい、楽しい」と感じられるようにすることです。身近なペットボトルに油性マジックで子どもと絵をかいて浮かべるだけでも、水に関心をもつことでしょう。ご家庭でも、水で楽しく遊んでみてくださいね。
 
<気を付けていただきたいこと>
 ご家庭で起こる不慮の事故死の原因として、交通事故・誤飲・お風呂で溺れるなどがあります。
一人でお風呂で遊ぶことがないよう、くれぐれもご注意ください。